FOLLOW US

ユーヴェの中盤が緊急事態…ピルロ、マルキージオの復帰間に合わず

エンポリ戦欠場が決まったピルロ(左)とマルキージオ(右)[写真]=Getty Images

 ユヴェントスは現在、セリエAで2位ローマに勝ち点14差をつけて首位を快走している。しかし、ここにきて中盤が緊急事態に陥っていると、3日にイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。

 ユヴェントスは、すでに負傷離脱していたイタリア代表MFアンドレア・ピルロ、フランス代表MFポール・ポグバに加え、3月26日のイタリア代表での練習でMFクラウディオ・マルキージオが右ひざを負傷。当初心配された長期離脱は回避できたものの、4日に行われるセリエA第29節エンポリ戦の招集メンバーからは外れている。

 司令塔のピルロがチャンスメークを担うユヴェントスだが、同選手の不在時にはマルキージオが高いレベルで代役をこなしてきた。マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、「マルキージオのひざに問題はなく、彼は元気だよ。ただ4日の試合には出ない。ピルロも回復が遅れているし、ポグバにはまだ時間が必要だ」と3選手の欠場を明言。指揮官は、同ポジションをチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルかイタリア人MFシモーネ・パドインのどちらかが務めることになると話した。

 負傷者を多く抱えるユヴェントスは、4日のエンポリ戦を終えると、7日にコッパ・イタリア準決勝のセカンドレグでフィオレンティーナと対戦(ファーストレグは1-2で敗戦)。その後、11日の第30節パルマ戦と続き、14日にはモナコとのチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグを控えている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO