2015.03.06

サラーの2発でヴィオラが先勝…ユーヴェは約2年ぶりのホーム黒星

モハメド・サラー
2得点で勝利に貢献したモハメド・サラー(右)【写真】=Getty Images Europe

 コッパ・イタリア準決勝のファーストレグが5日に行われ、ユヴェントスとフィオレンティーナが対戦した。

 試合は立ち上がりからユヴェントスが支配する展開となる。開始2分に、ポール・ポグバからのスルーパスを受けたアルトゥーロ・ビダルが切り返して右足でシュートを放つ。このシュートは枠を捉えきれなかったが、試合開始から得点を感じさせるチャンスを作った。

 しかし、先制点を挙げたのはフィオレンティーナであった。11分、自陣でボールを受けたモハメド・サラーがドリブルを開始。スピードにのったサラーは、ユヴェントスDFを次々に振り切ると、ペナルティエリア付近で左足でシュートを打ち、得点を挙げた。

 先制点を奪われたユヴェントスだが24分、同点に追いつく。右サイドのシモーネ・ペペからのクロスに、フェルナンド・ジョレンテがヘディングで合わせ、試合を振り出しに戻した。

 36分には負傷したキングスレイ・コマンに代えて、カルロス・テベスを投入。ユヴェントスは前半に選手交代を余儀なくされた。その後は互いにチャンスを作るも、得点は奪えず前半を1-1で終えた。

 後半は、開始からフィオレンティーナが試合の主導権を握る。56分には、相手陣内でクラウディオ・マルキージオからボールを奪ったホアキンがサラーにボールをつなぐ。ボールを受けたサラーは、GKの位置を見極め冷静に左足でゴールへ流し込んだ。

 反撃に出るユヴェントスは62分に、ペナルティエリア内右に侵入したアルバロ・モラタがクロス。テベスが合わせるも、ここはGKネトに防がれ同点には追いつけず。

 最後までユヴェントスの猛攻を防ぎきったフィオレンティーナが2-1で勝利。サラーの2得点で貴重なアウェーでの勝利を収めた。ユヴェントスは約2年ぶりにホーム試合での黒星を喫した。

 セカンドレグは、4月7日にフィオレンティーナのホームで行われる。
 
【スコア】
ユヴェントス 1-2 フィオレンティーナ

【得点者】
0-1 11分 モハメド・サラー(フィオレンティーナ)
1-1 24分 フェルナンド・ジョレンテ(ユヴェントス)
1-2 56分 モハメド・サラー(フィオレンティーナ)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る