FOLLOW US

負傷で立ち上がれなかったベニテス監督「ベンチでターンオーバー」

ナポリを率いるベニテス監督 [写真]=Getty Images

 セリエA第24節が23日に行われ、ナポリはホームにサッスオーロを迎えた。2-0の勝利を収めたナポリであったが、チームを率いるラファエル・ベニテス監督が負傷を抱えていたようだ。大手メディア『スカイスポーツ』が23日に報じている。

 同紙によると、ベニテス監督はふくらはぎに問題を抱えており、サッスオーロ戦の後半はほとんどの時間をベンチに座ったまま過ごした。テクニカルエリアにはコーチを務めるファビオ・ペッキア氏が立ち、指示を出していたという。

 同監督は試合後の会見で「今日はベンチ内でもターンオーバーをさせてもらった。ふくらはぎが痛くてね、座ってないといけなかったんだ」と、ジョークを混ぜながら明かしていた。

 ナポリは3月1日に、リーグ第25節でトリノと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA