2015.02.12

パルマ指揮官、未だ勝ち点9で最下位に沈むも「残留を諦めていない」

ロベルト・ドナドーニ
キエーヴォ戦でピッチの選手に指示を出すドナドーニ監督(右)[写真]=Getty Images

 降雪のため延期となっていたセリエA第22節の一試合、パルマ対キエーヴォが11日に行われ、ホームのパルマは0-1と敗れた。

 ロベルト・ドナドーニ監督が試合後にイタリアメディア『Rai』のインタビューに応え、給料未払いとなっている問題に対し、新経営陣に早急な解決を求めた。

「(ジャンピエトロ・)マネンティ新会長の言葉を信じる。これが我々の気持ちだ。だが、彼らが行動で応えなければならない。先ずは我々が評価を下し、それから新しい経営陣の信頼に応える。我々は彼らの行動を待っている」

 指揮官は「今日、選手は65分間を10人で戦い、気持ちの強さと勝利への意欲を示した。これは我々が残留を諦めていないということを証明している」と続け、残留圏内の17位キエーヴォとは勝ち点差が12とさらに開いたが、降格を易々と甘んじることはないと強調している。

 パルマは5連敗を喫し、勝ち点9のまま最下位に沈んでいる。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る