FOLLOW US

インテル、試合後にサポーターと口論のイカルディを罰金処分

サッスオーロ戦に出場していたイカルディ [写真]=Getty Images

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルは、1日に敵地で行われたサッスオーロ戦で1-3と敗れた試合後に、サポーターと口論になっていたアルゼンチン人FWマウロ・イカルディに、罰金の処分を科すことを決定したとイタリアメディア『Sky』が報じている。

 イカルディはサッスオーロ戦終了後、ゴール裏のサポーターに歩み寄り、コロンビア代表MFフレディ・グアリンとともにユニフォームを投げ入れていた。しかし、不甲斐ないパフォーマンスにサポーターが反発。ユニフォームが投げ返され、この行為に激怒したイカルディがサポーターと激しく口論に達していた。

 ロベルト・マンチーニ監督も、4日に行われるコッパ・イタリア準々決勝ナポリ戦前の公式会見の場で「イカルディは過ちを犯した」と厳しく非難している。

 また同メディアは、イカルディだけでなくグアリンも処分を科されることとなると報じている。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO