FOLLOW US

インザーギ、フォーメーション変更対応の本田に賛辞「よくやった」

本田を賞賛したインザーギ監督 [写真]=Getty Images

 セリエA第21節が1日に行われ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランはパルマに3-1で勝利を収めた。

 試合後、ミランの指揮官を務めるフィリッポ・ インザーギ監督は「きわどい試合になることはわかっていたが、我々はリスクを背負わなければならなかった。特別な苦労なしで選手を何人も入れ替えることは想像できなかった」と振り返った。

 また、この日は4-4-2の両サイドハーフで起用され、フォーメーション変更に順応した本田とイタリア代表FWアレッシオ・チェルチに関しては「よくやってくれたと思う。4-4-2で戦うことは難しい。このシステムだと彼らは守備に戻らないといけなかったので、私は2人にたくさんの献身性を求めた」と称賛した。

 最後にインザーギ監督は、今冬の補強に関して「会長に感謝をしたい。とてもよく走り、若く、ハングリーなイタリア国籍の選手を獲得できた。これからの試合も我々はうまくやれるだろう」と、語った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO