2015.01.25

本田不在のミラン、リーグ連敗で5試合勝利無し…ラツィオに3失点完敗

パローロ
パローロ(右)が決めたラツィオの同点ゴール [写真]=Getty Images

 セリエA第20節が24日に行われ、ラツィオと日本代表FW本田圭佑所属のミランが対戦。アジアカップに参加していた本田は欠場した。

 ホームのラツィオは前々節のローマ戦ドロー、前節のナポリ戦に敗戦と勝ち点を稼げていないが、ここまで5位と好調。一方のミランは最近のリーグ戦4試合で2分2敗と勝利無く、10位まで後退している。

 試合は開始4分、ハーフウェーライン付近でドゥシャン・バスタからボールを奪ったジェレミー・メネズがドリブルで持ち上がると、そのままペナルティエリア内左の角度のない位置からファーサイドへ流し込んで、ミランが先制する。

 先行されるも試合はラツィオペースで進む。23分にはロングボールを受けたミロスラフ・クローゼのポストプレーから、アントニオ・カンドレーヴァが強烈なシュートを放ったが、GKディエゴ・ロペスが好セーブで防いだ。

 ミランリードで前半を終えるが、後半開始早々の47分、右サイドをパス交換で崩したラツィオはクローゼがDFとGKの間に速いクロスを送ると、飛び出したマルコ・パローロがボレーで合わせて同点とする。

 さらに51分にはリッカルド・モントリーヴォのバックパスがフィリップ・メクセスと呼吸が合わずに裏へ流れる。そこを見逃さなかったクローゼが、D・ロペスとの1対1を制して、ラツィオが逆転に成功した。

 直後、ミランは肩を痛めたジャコモ・ボナヴェントゥーラに代えてアレッシオ・チェルチ、さらに55分にはマルコ・ファン・ヒンケルを下げ、ジャンパオロ・パッツィーニを送り出す。ラツィオは69分、ステファン・デ・フライの負傷により今冬に獲得したばかりのマウリシオを投入。74分にはクローゼに代えてフィリップ・ジョルジェヴィッチが入り、それぞれ2枚のカードを切る。

 81分にはラツィオに試合を決める3点目が生まれる。右サイドを抜け出したカンドレーヴァの低いクロスをジョルジェヴィッチは合わせきれなかったが、こぼれ球をパローロが蹴り込んだ。ジョルジェヴィッチは同プレーで左足を負傷。担架で運ばれてケイタ・バルデ・ディアオと交代となった。ミランはアンドレア・ポーリに代わり、サリー・ムンタリが入った。

 試合終盤には苛立ちを見せていたメクセスが退場になったミラン。スコアは動かず3-1でラツィオが勝利した。ラツィオは次節アウェーでチェゼーナと、ミランはホームでパルマと対戦する。

【スコア】
ラツィオ 3-1 ミラン

【得点者】
0-1 4分 ジェレミー・メネズ(ミラン)
1-1 47分 マルコ・パローロ(ラツィオ)
2-1 51分 ミロスラフ・クローゼ(ラツィオ)
3-1 81分 マルコ・パローロ(ラツィオ)

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る