2015.01.11

逃げ切り失敗にミランのインザーギ監督「下がり過ぎてしまった」

インザーギ
ミランを率いるインザーギ監督 [写真]=Getty Images

 セリエA第18節が10日に行われ、トリノとのアウェーゲームに臨んだミランは1-1で引き分けた。試合後、ミランを率いるフィリッポ・インザーギ監督がコメントを残した。クラブ公式HPが伝えている。

 ミランは3分にPKで先制。しかし、その後にイタリア代表DFマッティア・デ・シリオが退場する苦しい展開となり、81分にCKから同点ゴールを許した。

 試合を振り返ったインザーギ監督は「我々は良いスタートを切った。2点目を奪う必要があったと思う」と主張。また「相手のカウンターを受けてから、下がり過ぎてしまった」と述べた。

 さらに、同監督は失点を喫した場面について「セットプレーの守備を強化するためアレックスを投入した。だが、上手くいかなかった」と語り、逃げ切り失敗に悔しさを滲ませた。

 ミランはリーグ戦3試合未勝利。18日に行われるセリエA第19節ではアタランタと対戦する。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る