2014.12.16

2点目を奪ったインテル主将ラノッキア「極めて大きな勝利」

アンドレア・ラノッキア
チームメイトとゴールを喜ぶインテルのDFラノッキア(中央)[写真]=Getty Images

 セリエA第15節が15日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルはアウェーでキエーヴォと対戦し、2-0で勝利。ロベルト・マンチーニ監督の体制となってからリーグ戦初勝利を飾った。



 2点目を挙げた主将アンドレア・ラノッキアはイタリアメディア『Sky』のインタビューに応え、「上手くゴールを決めることができたよ。とても嬉しく思う。自信を与えてくれる極めて大きな勝利だ。我々よりも上にいたいくつかのチームが勝利していなかっただけにこの勝利は大きい」と喜びを語った。

 さらに「ラインを上げて、リスクを背負ったこともあって苦しんだ。だが、背後を取られたボールを自分たちが先に処理していたし、マークもしっかりついていた」と多少苦しんだことを認めたが、しかっかりと対処できたと主張している。

 ラノッキアは今シーズンのセリエAで14試合に出場。11月30日に行われたローマ戦に続く2点目を挙げて勝利に貢献してる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
89pt
リヴァプール
88pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る