2014.11.02

パッツィーニ夫人の采配批判を許す指揮官「彼が電話で謝ってきた」

フィリッポ・インザーギ
ピッチの選手へ指示を出すミランのフィリッポ・インザーギ監督 [写真]=Getty Images

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランは2日、セリエA第10節でパレルモと対戦する。試合前会見に出席したフィリッポ・インザーギ監督のコメントを、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

 インザーギ監督は、「リーグ戦は拮抗している。勝利は汗をかいて手にしないといけない。パレルモ戦も同じだろう。彼らは素晴らしいチームで、残留を争う以上のクオリティを持つ選手たちがいる。速いカウンターを持っていて、我々は注意しなければいけない」と対戦相手に警戒を示した。

 今節は、MFサリー・ムンタリが累積警告で出場停止、MFジャコモ・ボナヴェントゥーラも前節のカリアリ戦で頭を打撲したため欠場する見込みとなっている。インザーギ監督は「スタメンは最終調整後に決めるが代役はいる」とコメント。また、決定力不足が指摘されているフェルナンド・トーレスについては「彼は好調だ。残念ながら、ゴール数だけで判断されているようだが、彼は自分を犠牲にして、チームに手を貸しているよ」とフォローしている。

 先日、ジャンパオロ・パッツィーニの妻であるシルヴィア・スリッティさんが自身のSNSでインザーギ監督に対する不満を吐露した件についても触れ、「もちろん、私もクラブも嬉しくはなかった。でも、ジャンパオロはすぐ私に電話をしてきて謝った。もう問題はなにもないよ」と言明。「彼は素晴らしい選手だ。私が正しいタイミングで彼を起用する」と語っている。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る