FOLLOW US

伊紙、フル出場の本田に及第点「前半は活発に、スムーズにプレー」

フィオレンティーナ戦にフル出場した本田 [写真]=Getty Images

 セリエA第8節が26日に行われ、日本代表MF本田圭佑が所属するミランは、フィオレンティーナと対戦し、1-1で引き分けた。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合に出場した各選手のプレーを評価。フル出場した本田には「6」が与えられた。

 同紙は、本田のプレーについて「前半は80メートルを長く、活発に、スムーズにプレーできていたが、後半は低いラインに引きずりこまれ、抜け出せなくなった」と記している。

 なお、ミランにおける最高評価はオランダ代表MFナイジェル・デ・ヨングの「7」、最低評価はイタリア代表DFマッティア・デ・シリオの「5」。また、フィオレンティーナの最高評価は、スロベニア代表MFヨシップ・イリチッチに与えられた「7」となっている。

セリエA観るならDAZN!
期間限定2カ月無料キャンペーンはこちら



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA