2014.10.25

リヴァプールがミランDFアバーテに関心か…来年1月の獲得も

アバーテ
リヴァプールが興味を持っているとされるミランDFアバーテ [写真]=Getty Images

 リヴァプールがミランのイタリア代表DFイニャツィオ・アバーテの獲得に興味を持っている可能性が浮上した。イギリス紙『デイリー・ミラー』が報じている。

 今シーズン限りでミランとの契約が満了を迎えるアバーテは、残留を望んでいる。しかし、17日にはアバーテの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏が、現時点でミランからのオファーはないと主張していた。

 以前からユヴェントスにも関心をもたれていたとされるアバーテだが、同紙は24日、リヴァプールのブレンダン・ロジャーズ監督が、イングランド代表DFグレン・ジョンソンの将来的な後釜としてアバーテをリストアップしていると報道。ロジャーズ監督が、移籍金が発生しても比較的安価での獲得が予想される来年1月の移籍市場でアバーテを狙っているという。

 一方で、リヴァプールはアバーテを獲得できなかったときの代役として、クリスタル・パレスに所属するイングランド人DFジョエル・ウォードの動向も追っていると言われている。

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
42pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
52pt
インテル
43pt
欧州順位をもっと見る