FOLLOW US

本田が直接FK決め今季4点目…先制点も演出でミランが4試合ぶり白星

チーム2点目を決めたミランのMF本田圭佑(左)[写真]=Getty Images

 セリエA第6節が4日に行われ、日本代表MF本田圭佑が所属するミランはキエーヴォと対戦した。ミランは前節の[4-2-3-1]から[4-3-3]にフォーメーションを変え、本田は右FWで先発出場した。

 ミランは、昇格組を相手に2戦連続引き分け。4試合ぶりの勝利に向け、ホームでの一戦に臨む。対するキエーヴォも3試合連続で白星がないため、敵地で勝利を目指す。

 試合は、立ち上がりからミラン優勢で展開する。7分、マッティア・デ・シリオが左サイドをドリブルで持ち上がり、中央に折り返したところでジェレミー・メネズがミドルシュートを放つが、枠を捉えることができない。

 17分、ペナルティエリア内でパスを受けた本田が、相手DFをかわしながら後ろのフェルナンド・トーレスへパス。トーレスがダイレクトでシュートを放つも、ゴール左に逸れる。20分には、本田がFKで直接ゴールを狙ったが相手GKがブロック。弾いたボールにメネズが合わせるも、得点には至らず。直後、ペナルティエリア内でアレックスが落としたボールに本田が左足を振り抜いたが、わずか右に外してしまう。

 耐える時間帯が続くキエーヴォは34分、ハーフウェイライン付近でボールを奪うと、ペルパリム・ヘテマイがロングシュートを放つも、枠を捉えることはできない。その後も、ミランの猛攻をしのぎ、前半を0-0で折り返す。

 後半もミランが序盤から攻め立てる。すると54分、本田が右サイドからゴール前にクロスを上げる。クリスティアーノ・ビラーギがクリアしたボールをサリー・ムンタリが左足でダイレクトボレー。ボールはゴールに吸い込まれ、ミランが先制する。

 追加点を狙うミランは62分、ナイジェル・デ・ヨングからのロングボールを右サイドでイニャツィオ・アバーテが受けると、ゴール前にスルーパス。フリーで本田が走り込んだが、ミートできずに決定機を逃す。

 69分、キエーヴォがカウンターを仕掛ける。デヤン・ラザレヴィッチが左サイドをドリブルで一気に駆け上がるとゴール正面でパスを選択。すかさず手を出したクリスティアン・アッビアーティにボールを奪われ、シュートまで持ち込むことができない。

 ミランはトーレスに代えて、ステファン・エル・シャーラウィを投入する。78分、ゴール正面やや左の位置でFKを獲得すると、これを本田が直接決めてリードを広げる。

 試合はそのまま2-0で終了し、ミランが今シーズン初のクリーンシートで4試合ぶりの白星を手にした。本田は80分までプレーしている。

 次節、ミランはヴェローナと、キエーヴォはローマと対戦する。

【スコア】
ミラン 2-0 キエーヴォ

【得点者】
1-0 54分 サリー・ムンタリミラン
2-0 78分 本田圭佑ミラン

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA