FOLLOW US

38歳の誕生日に感謝を語るトッティ「思い通りに出来るのは妻のおかげ」

イラリー夫人(左)と子供たちへの感謝を語ったトッティ(右) [写真]=Getty Images Sport

 ローマに所属する元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティがクラブ公式チャンネル『ローマTV』のインタビューに応え、26日付のイタリア紙『コッリエレ・デッロ・スポルト』がコメントを伝えている。

 27日に38歳の誕生日を迎えたトッティは、2000-01年シーズンのセリエA優勝を振り返り「最初にタイトルを勝ち取った日のことを忘れることなんて出来ないね。夢が実現したんだ。あれは表現することの出来ない喜びだった。引退までにもう一度あれを味わいたいね」と再び優勝の喜びを味わうために今シーズンも戦うことを誓った。

 22年の現役生活についてトッティは「ここまで来られたことについて、僕は家族に感謝しなくてはならない。彼らは僕を最高の方法で成長させてくれた。妻のイラリー(・ブラージ)に感謝したい。僕がピッチの上で思い通りにプレー出来て、楽しめているのは彼女のおかげだし、2人の宝物もくれた。子供たちのためなら何でもできる。子供たちへの愛より美しいものなんて、この世に存在しないんだ」と、妻と2人の子供たちの支えがあったからこそ、長い間トップレベルでプレーできていることを感謝している。

 また、2001年から5年間ローマでともにプレーした元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノについて「一緒にやりたいように出来る相手だし、僕らは足で同じ言葉を話すんだ。ローマでは僕が彼を兄弟として受け入れたが、彼は僕の知らない理由で出て行ってしまった。彼に何が出来るかはわからないが、技術的には世界最高だよ。ただ監督に影響されやすいけどね」と、同選手は監督に左右されたものの、素晴らしい技術を持っており、プレー感覚が合っていたことを明かした。

 最後に、ローマの次期キャプテンと称される同僚のイタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシについて「彼とは最高の瞬間も、最悪な時も一緒に闘ってきた。ユースで育った彼が将来のキャプテンであることを誇りに思うよ」と、ともに長い期間プレーし、自身の引退後に同選手がキャプテンとしてチームを率いることを誇っている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO