2014.09.22

伊紙がインテル長友に辛口評価「挑戦が意味ないものに終わった夜」

2試合連続で先発出場だった長友(右) [写真]=Getty Images

 DF長友佑都の所属するインテルは21日、セリエA第3節でパレルモと敵地で対戦し、1-1で引き分けた。

 試合を受け、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』では、出場各選手のプレーを評価。フル出場した長友には、「5.5」と採点した。

 同紙は、ポジションを変えて両サイドでプレーした長友について、「前半は(ミシェル)モルガネッラの前に迫ろうとしたが、実のある仕事はほとんどできなかった。チャレンジしたものの、意味のないものに終わった夜の一つだった」と厳しい寸評を記した。

 また、インテルの最高点は、42分に同点ゴールを挙げたクロアチア代表MFマテオ・コヴァチッチの「7」。最低点は、元セルビア代表DFネマニャ・ヴィディッチとブラジル代表DFフアンの「5」だった。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る