2014.09.22

元指揮官ゼーマン率いるカリアリに完勝のローマが開幕3連勝

カリアリ戦で先制点を決めたデストロ [写真]=Getty Images

 セリエA第3節、ローマとカリアリの対戦が21日にスタディオ・オリンピコで行われ、2-0でホームのローマが勝利を収めた。
 
 開幕2連勝を飾ったローマは、4シーズンぶりとなるチャンピオンズリーグで初戦のCSKAモスクワ戦を5-1と圧勝。ただ、その試合で負傷交代したダヴィデ・アストーリとフアン・イトゥルベが今節を欠場となった。リュディ・ガルシア監督は、最前線にフランチェスコ・ トッティではなくマッティア・デストロ、ケガ人の多いセンターバックにマプ・ヤンガ・エムビワを置いた。
 
 2012-13シーズンの指揮官であるズデネク・ゼマン監督との対戦となったローマは、立ち上がりからボールを保持して試合のペースを掴む。3分には、左サイドを突破したジェルヴィーニョの折り返しをデストロがシュートに持ち込むが、これはGKの正面を突いた。
 
 優位に試合を進めるローマは11分、中央のジェルビーニョが出したパスからボックス右に抜け出したアレッサンドロ・フロレンツィの折り返しをファーサイドのデストロが難なくネットに押し込んで先制。さらにローマは13分、セイドゥ・ケイタの縦へのフィードにジェルヴィーニョが抜け出すと、ボックス右でラストパスを受けたフロレンツィが豪快にシュートを突き刺してリードを広げた。
 
 早い段階で2点差としたローマは、ペースを落としてボールを相手に譲るものの、素早い帰陣でカリアリにチャンスを作らせない。結局、ローマが2点のリードを保って前半を終えた。
 
 迎えた後半、反撃を目指すカリアリだが、ローマの守備をなかなか攻略することができない。するとゼーマン監督は、60分を過ぎる前に交代枠3枚を使い切り、何とか1点を目指した。
 
 対するローマは67分、右サイドからマイコンが入れた絶妙なクロスにファーサイドのデストロが反応するが、これはうまく合わせられない。この直後にガルシア監督は、デストロを下げてミラレム・ピアニッチを3トップの位置に投入。前線の3枚が流動的に動く中、74分には右サイドからピアニッチが入れたグラウンダーのクロスにジェルビーニョが反応するが、これはオフサイドの判定が下された。
 
 無事にリードを保つローマだが、81分にアクシデントが発生。ダニエレ・デ・ロッシが足を痛めて自ら交代を志願し、ウルビー・エマヌエルソンがピッチに送り出された。それでも、このまま動きなく試合は終了。ローマが2-0でカリアリに完勝した。
 
 ユヴェントスに続いて開幕3連勝を飾ったローマは次節、24日にパルマとのアウェイゲームを控える。

【スコア】
ローマ 2-0 カリアリ

【得点者】
1-0 11分 マッティア・デストロ(ローマ)
2-0 13分 アレッサンドロ・フロレンツィ(ローマ)

(記事/超ワールドサッカー)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
10pt
トッテナム
8pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
10pt
ドルトムント
9pt
フライブルク
9pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
10pt
アトレティコ・マドリード
9pt
レアル・マドリード
8pt
欧州順位をもっと見る
インテル
9pt
ボローニャ
7pt
ユヴェントス
7pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング