FOLLOW US

インザーギ監督、今季初黒星に怒り「本田のチャンスもあった」

ミランを率いるフィリッポ・インザーギ監督 [写真]=Getty Images

 セリエA第3節が20日に行われ、日本代表MF本田圭佑の所属するミランはリーグ戦4連覇を狙うユヴェントスと対戦。好調のカルロス・テベスに決められ、0-1で敗れた。試合後のインタビューに応じたフィリッポ・インザーギ監督が怒りを口にした。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

 インザーギ監督は、「私は、ユヴェントスのような優れたチームにふさわしいレベルにあることを期待していた。もちろん、ヨーロッパの最強チームのひとつであるユヴェントスと同レベルだとは思っていないが、私はチームに期待していたからこそ怒っている」と語った。

 前半、本田のヘディングシュートでゴールを脅かす場面も見られ、「我々にはチャンスがあった。本田のヘディングのようなチャンスだ」と決定機を逃したことを悔やんだ。さらに「もっと成長が必要だ。そうすればユヴェントスやローマのようなチームに近づくことができる」と続けた。

 インザーギ監督はユヴェントスの勝利を称え、「我々はユヴェントスほど強いチームではない。2試合を終ただけで、昨シーズン勝ち点差50ほどつけられた相手と同等になることはできない」とコメント。「だが、もっと苦しめられると思っていた試合で、自分たちのパフォーマンスを見せた。自信を失ってはいけない。次のエンポリ戦での勝利で再スタートするよ」と語り、次戦に向けて気持を切り替えた。

セリエA観るならDAZN!
期間限定2カ月無料キャンペーンはこちら



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA