2014.08.22

イタリア代表コンテ新監督、初陣に向け海外組を招集へ…バロテッリも

コンテ
4日に行われる親善試合のオランダ戦で初陣を迎えるコンテ監督 [写真]=Getty Images

 イタリア代表のアントニオ・コンテ新監督が、10人の海外組を招集する意向であることが判明した。イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が21日に報じている。

 イタリア・サッカー連盟(FIGC)は、9月4日のオランダとのテストマッチ、9日のノルウェーとのユーロ2016予選初戦に向けて、海外組選手の所属クラブに、招集レターを送付し代表招集を要求したという。その中には、ミランからリヴァプールへの移籍が決定的となったFWマリオ・バロテッリが含まれている模様となった。

 海外組の招集メンバーは、ドルトムントのFWチーロ・インモービレ、パリSGのMFチアゴ・モッタ、GKサルヴァトーレ・シリグ、MFマルコ・ヴェッラッティ、レヴァークーゼンのDFジュリオ・ドナーティ、サンダーランドのFWエマヌエレ・ジャッケリーニ、サウザンプトンのFWグラツィアーノ・ペッレ、ゼニトのDFドメニコ・クリシート、リヴァプールのFWファビオ・ボリーニが招集される見通しとなっている。

 なお、正式な招集メンバーは8月30日に発表される予定。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る