2014.08.17

ケイラー・ナバスがデビューのレアル、CR7弾もヴィオラに敗戦

C・ロナウド(中央)が先制点を挙げるも、レアルが逆転負け [写真]=Real Madrid via Getty Images

 レアル・マドリードは16日、ポーランドのワルシャワでフィオレンティーナと親善試合を行い、1-2で敗れた。

 12日に行われたUEFAスーパーカップでセビージャを下して優勝したマドリーは、その試合のスタメンからハメス・ロドリゲスとクリスティアーノ・ロナウド以外の先発9選手を変更。移籍が噂されるケディラやディ・マリアが先発したほか、今夏にレバンテから獲得したGKケイラー・ナバスがマドリーデビューを飾った。

 試合は開始早々の4分、マドリーが相手のCKから2人のスピードスターによる高速ロングカウンターで均衡を破った。ボックス右にドリブルで侵入したディ・マリアの丁寧な折り返しをゴール前に走り込んだC・ロナウドが冷静に流し込んで、マドリーが先制した。

 対するフィオレンティーナは、26分に相手のミスから同点に追いつく。シャビ・アロンソのバックパスを拾ったアクイラーニが右サイドからクロスを上げると、ゴール正面のゴメスがヘディングでゴール左上に決めて、フィオレンティーナが1-1とした。

 マドリーは、ハーフタイムにC・ロナウドとハメス・ロドリゲス、シャビ・アロンソ、マルセロの4選手を交代。クロースとベンゼマ、カルバハル、コエントランが出場した。

 その後半は、70分にフィオレンティーナがマドリー下部組織出身選手のゴールで勝ち越す。ケディラの緩慢なプレーを突いたマルコス・アロンソが左サイドからカットインすると、右足で放ったシュートでネットを揺らした。

 その後、両者ともに多くのメンバー交代を行った試合は、そのまま2-1でフィオレンティーナが勝利。マドリーは今後、19日に行われるスーペル・コパ1stレグでアトレティコ・マドリードをホームに迎える。
 
【スコア】
レアル・マドリード 1-2 フィオレンティーナ

【得点者】
1-0 4分 C・ロナウド(レアル・マドリード)
1-1 26分 ゴメス(フィオレンティーナ)
1-2 70分 マルコス・アロンソ(フィオレンティーナ)

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る