2014.08.13

タヴェッキオ新会長、伊代表の新監督候補「コンテと連絡をとった」

アントニオ・コンテ
イタリア代表監督就任が噂されるアントニオ・コンテ氏 [写真]=Getty Images

 FIGC(イタリア・サッカー連盟)の新会長に就任したカルロ・タヴェッキオ氏は12日、イタリア代表の新監督候補と連絡を取ったことを明らかにした。前ユヴェントス監督のアントニオ・コンテ氏ともコンタクトを取ったことを認めている。イタリアイ紙『ガッゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。

 新会長就任から一夜明けたタヴェッキオ氏は「今日は朝7時から働いている。コンテと連絡を取った。3、4人の候補とも連絡を取った」と打ち明けると「回答は得ていない。そうでなければ、君たちに打ち明けているだろう。これ以上のことは私は言えない」と言明した。

 同紙によると、コンテ氏が次期代表監督の最有力候補であり、就任を拒否した場合に限り、ほかの候補に就任を打診するものとみられている。同紙が候補に挙げているのは、アルベルト・ザッケローニ氏、フランチェスコ・グイドリン氏、ルチアーノ・スパッレッティ氏の3名となっている。

 なお、同紙による次期イタリア代表監督を望むWEBアンケート調査では、述べ2786人の回答で、49.1パーセントの投票率を得たコンテ氏が1位に立っている。2位は34.1パーセントのロベルト・マンチーニ氏、以下、12.4パーセントのグイドリン氏、2.9パーセントのスパッレッティ氏と続き、ザッケローニ氏は1.4パーセントの支持で最下位となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る