FOLLOW US

モーデナのオーナー、セリエA復帰で代理人を務めたトレゼゲ獲得へ

現在ニューウェルズ・オールドボーイズでプレーするトレゼゲ [写真]=Getty Images

 セリエBのモーデナのオーナーを務めるアントーニオ・カリエンド氏が、ニューウェルズ・オールドボーイズ所属の元フランス代表FWダビド・トレゼゲを獲得する意向を、イタリアメディア『スカイ』のインタビューで明かした。

 かつて、トレゼゲの代理人を務め2013年にモーデナのオーナーとなったカリエンド氏は、セリエAへの昇格プレーオフ出場権を獲得すると、6月3日に昇格プレーオフ予備予選を控える同クラブにトレゲゼが加入する可能性があることを明かした。

「モーデナにトレゼゲを連れてくる?今言えることは、3、4日に一度彼とは連絡を取っているということだ。レギュラーシーズンが終わり、彼は我々の成績を称えてくれた。トレゼゲはイタリアでキャリアを締めくくりたいという夢を抱いている。昇格したあかつきに、我々のチームにやってくることもあり得るだろう」

 トレゲゼは、2000年から在籍していたユヴェントスを2010年に退団。10年慣れ親しんだイタリアを離れ、スペインのエルクレス、アラブ首長国連邦(UAE)のバニーヤース、そしてアルゼンチンのリーベル・プレートでプレー。現在はレンタル移籍で、マキシ・ロドリゲスやガブリエル・エインセが所属するニューウェルズOBに所属している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA