FOLLOW US

W杯伊代表選出のMFヴェッラッティ、古巣の恩師ゼマン監督に感謝

ブラジルW杯イタリア代表最終メンバーに選出のMFヴェッラッティ [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップ臨むイタリア代表最終メンバーに選出されたパリSGに所属する21歳のMFマルコ・ヴェッラッティが、ペスカーラ時代のチェコ人監督ズデネク・ゼマン氏に感謝の意を表している。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

 ヴェッラッティは、同監督のおかげで成長でき、感謝していることを次のように語っている。

「ゼマンは素晴らしいマエストロだ。常にトレーニングに集中するように命じ、絶対に諦めてはならないということを教えてくれた。それに、『いいぞ』というように褒めることもほとんどなかったけど、僕らをとても強く成長させてくれた。多くの人たちは、僕に『お前はトレテクアルティスタ(トップ下)だ。ゼマンの下ではプレーできない(ゼマンはトレクアルティスタを採用しないため)』と言っていたが、監督は僕に練習の初日から信頼を寄せてくれ、トレクアルティスタからレジスタ(ボランチ)へとコンバートしてくれた」

 また、代表では、ユヴェントス所属のMFアンドレア・ピルロとの共存にも自信を示し「中盤で特に好きなポジションというのはないね。この3年間、いろいろな任務を命じられ、あらゆるポジションを経験してきた。いずれにしろ、ピルロとの共存は果たせると思う。アンドレアのような選手と上手くいかないなんてことはあり得ないことさ」と語っている。

 ヴェッラッティは、2011-12シーズンにセリエBのペスカーラで活躍し、フランスのパリSGに移籍。2013-14シーズンは、リーグ・アンで29試合に出場し、若手最優秀選手にも選出されている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA