2014.06.01

ミランのセードルフ監督、退任報道に「何も聞いていない」

解任間近と報じられているセードルフ監督 [写真]=Getty Images

 ミランを率いるクラレンス・セードルフ監督は、自身の去就についてクラブから何も聞いていないようだ。

 今年1月からミランで指揮を執っているセードルフ監督。しかし、ミランはその後のリーグ戦で調子を取り戻せずに8位で2013‐14シーズンを終え、来季のEL出場権すらも獲得できなかった。そのため、現地ではセードルフ監督の解任が噂されており、後任としてフィリッポ・インザーギ氏の就任が間近に迫っていると報じられている。

 自身の去就について尋ねられたセードルフ監督は次のように話した。イタリア『フットボール・イタリア』が、『Sport Mediaset』の取材に応じた指揮官のコメントを伝えている。

「他の人と同じように新聞を見て知っている。クラブからの情報は何もない。私はいたって普通だ。家族や友人と過ごしているよ」

「全てはファンを喜ばせるために仕事をしていた。私は常に『フォルツァ・ミラン』と言いたい。そこにファンがいる限りね」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る