2014.05.30

パルマがUEFAライセンスを失効、繰り上がりでトリノがELへ

熾烈なEL出場権争いを演じたパルマとトリノ [写真]=Getty Images

 CONI(イタリア国際オリンピック委員会)最高裁判所は29日、パルマが求めていた来シーズンのUEFAライセンスに関する訴えを却下した。この判決を受け、来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)出場権が、パルマからトリノに移っている。

 本来であれば、2013-14シーズンのセリエAを6位で終えたパルマには来シーズンのEL出場権が与えられるはずだったが、同クラブが約30万ユーロ(約4150万円)の所得税を公表しなかったため、FIGC(イタリアサッカー連盟)から来シーズンのUEFAライセンスを剥奪されていた。

 この件に関して、パルマはCONI最高裁判所に訴えを申し出ていたが、判決が却下された格好だ。この結果、2013-14シーズンのセリエAを7位で終えていたトリノが来シーズンのEL出場権を獲得している。

 最終節までもつれた2013-14シーズンのEL出場権争いは、トリノが試合終盤に得たPKのチャンスをイタリア代表FWアレッシオ・チェルチが外してドローで終了。勝利したパルマが逆転でEL出場権を獲得していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る