2014.05.10

トッティ、引退表明のサネッティに「皆にとってのレジェンドだ」

2013年1月のコッパ・イタリアの試合で競り合うサネッティ(左)とトッティ(右) [写真]=Getty Images

 ローマに所属する元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティが、今シーズン終了後の現役引退を表明している元アルゼンチン代表DFハビエル・サネッティについて、自身の公式HPでメッセージを掲載している。

 トッティは、サネッティを称賛し、次のように語っている。

「サネッティの様な選手は、長い間クラブを代表する選手としてのシンボルではなく、本物のチャンピオンとして、彼の言動、プロ精神、愛情がこのスポーツの歴史に刻まれるだろう。プピ(サネッティの愛称)に熱い抱擁を。そして世界のサッカーに貢献してくれたことに感謝する。君は皆にとってのレジェンドだ」

 40歳のサネッティは1995年にセリエAデビューを飾って以来、19年間インテルに在籍している。一方37歳のトッティは、1993年にセリエAデビュー。それ以来ローマで21年間在籍している。両選手は互いにクラブを象徴する存在として、またクラブの主将として長い間活躍している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る