2014.03.27

首位独走のユーヴェ監督「何かを勝ち得ないと意味がない」

タッチライン沿いで指示を出すコンテ監督 [写真]=Getty Images

 セリエA第30節が26日に行われ、ユヴェントスはパルマとホームで対戦し、2-1で勝利した。

 首位を独走しているユヴェントスのアントニオ・コンテ監督が、試合を振り返った。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。

 コンテ監督は好調パルマを相手に勝利を収めたことについて、「大事な勝利だ。パルマは17試合無敗だったんだよ。だが我々が彼らを破ったんだ」と満足感を示した。

 一方で、「緊急事態だよ。一部の選手に休養を与える必要があるが、現状それが不可能なんだ。守備陣は(マルティン)カセレス、(レオナルド)ボヌッチ、そしてけがから復帰したばかりのジョルジョ・キエッリーニしかいない」と多くの負傷者を抱える現状を嘆いた。

 同試合に勝利したことで、すでに昨シーズンよりも勝ち点13多い、同81を獲得しているユヴェントス。だが同監督は、「素晴らしいシーズンを過ごしているが、記録は何かを勝ち得なければ意味をなさないものだ」と語った。

 また、ヨーロッパリーグのタイトルについて問われると、「もちろん優勝したい。当然ベストを尽くす。だが、リヨン戦の前にナポリ戦について考えないといけないね」と返答している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ホッフェンハイム
14pt
ドルトムント
13pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る