2014.03.11

ゼニトのスパレッティ監督が解任か…国内リーグ2度制覇

スパレッティ
ゼニトの指揮官を解任されたと報じられたスパレッティ監督 [写真]=Getty Images

 ゼニト・サンクトペテルブルクを率いるルチアーノ・スパレッティ監督が10日に解任されたとロシア国内で報じられ、その内容をイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えた。

 ゼニトはウインターブレイク明けのリーグ初戦となったトム・トムスク戦を0-0のスコアレスドローで終え、リーグ戦首位の座をロコモティフ・モスクワに明け渡した。2月25日のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦、ドルトムントとのホームでのファーストレグも2-4で敗れており、敗退が濃厚となっている。

 スパレッティ監督は、トム・トムスク戦後に解任されたと見られており、後任はクラブOBで元ロシア代表のセルゲイ・セマク氏が就任すると伝えられた。

 ウディネーゼやローマなどを率いたスパレッティ監督は、2009年12月にゼニトの監督に就任。リーグ戦2度、カップ戦1度の優勝などを記録している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る