2014.03.09

インテル指揮官、来季加入のDFヴィディッチに言及「重要な選手」

マッツァーリ
来季加入のヴィディッチについてマッツァーリ監督がコメントした [写真]=Getty Images

 9日に行われるセリエA第27節で、日本代表DF長友佑都所属のインテルとトリノが対戦する。

 ホームでの一戦を前に、インテルのヴァルテル・マッツァーリ監督が展望を語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 マッツァーリ監督は、トリノの印象について、「トリノは非常に優れていて、好調な時期を迎えているFWが2人いる。とても良いサッカーをするチームだ。どんな相手でも苦戦させるチームだから、我々としては、(トリノの)プレーの源を抑えるようにしないといけない」と、コメント。「我々が試合の主導権を握るようにして、相手を苦戦させたい。難しい試合になるだろう。注意が必要だ」と、試合を展望した。

 また、インテルは、日本代表MF香川真司のマンチェスター・Uに所属する元セルビア代表DFネマニャ・ヴィディッチの今シーズン終了後の加入を5日に発表した。マッツァーリ監督は、ヴィディッチについて、「彼が重要な選手であることは、そのキャリアを見れば明らかだ。現時点では、これ以上のことは言いたくない。彼は来シーズンからインテルの選手になる。今は来シーズンのことではなくて、今シーズンの残り12試合に集中すべきだ」と、話した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
31pt
マンチェスター・U
23pt
トッテナム
23pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
26pt
ライプツィヒ
22pt
ドルトムント
20pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
バレンシア
27pt
レアル・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
32pt
ユヴェントス
31pt
インテル
30pt
欧州順位をもっと見る