2014.02.24

伊紙、同点弾演出の長友に上々評価「後半は解き放たれた」

長友佑都
カリアリ戦にフル出場した長友 [写真]=Getty Images

 セリエA第25節が23日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルは、ホームでカリアリと対戦。先制されたが、ポルトガル代表DFロランドのゴールで追いつき、1-1で引き分けた。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合の採点を発表。フル出場した長友には、及第点以上の評価となる「6.5」(最高点10、最低点1)を与えた。

 同紙は、長友について「ユウトは二つの顔を持っていた。前半はチームと同じようにパッとしない出来だったが、攻め上がりとクロス(一本は同点につながるもの、もう一本はマウロ・イカルディのシュートがバーを叩いた)を何度も放ち、解き放たれた」と寸評している。

 なお、インテルの最高点はイカルディの「7」。最低点はズドラブコ・クズマノヴィッチとディエゴ・ミリートについた「5」となった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る