2014.02.21

フィオ戦勝利を振り返るインテルGK「まだ何の意味合いもない」

ハンダノヴィッチ
フィオレンティーナ戦を振り返ったインテルGKハンダノヴィッチ [写真]=Getty Images

 日本代表DF長友佑都所属のインテルを率いるスロベニア代表GKサミール・ハンダノヴィッチが、近況を語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 インテルは、9日のセリエA第23節サッスオーロ戦で2014年の初勝利を挙げると、15日の第24節フィオレンティーナ戦も2-1で制し、2連勝を果たした。ハンダノヴィッチはフィオレンティーナ戦の勝利について、「現時点ではまだ、何の意味合いもない。もちろん、勝った時に少し勢いが付くのは当然だけど、特に意味は感じない。何かしら変わったことは確かだけど、僕としては大した変化はない」と、コメントした。

 また、チームの守備については、「GKとしては、いつだって失点が多すぎるように感じる。でも、個人的には守備が3バックだとやりやすい。ウディネーゼ時代もそうだったからね。(ヴァルテル)マッツァーリ監督との相性は良いよ。重要なのは、プロフェッショナルな姿勢を持ってチームのためにプレーして、監督の指示に従うこと」と、語った。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る