2014.01.14

今季5点目挙げた長友にチーム最高点「他の選手より優れていた」

長友佑都
キエーヴォ戦で1得点を挙げた長友 [写真]=Getty Images

 セリエA第19節が13日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルとキエーヴォが対戦した。

 先発出場した長友は、1点のビハインドで迎えた12分、右サイドのリカルド・アルバレスからのクロスに合わせ、今シーズン5点目となる同点弾を記録。2分後にもジョナタンのシュートのコースを変え、ネットを揺らしたが、オフサイドの判定で勝ち越しとはならず。試合は1-1のドローに終わった。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合の採点を発表。長友にはチーム最高点となる「6.5」の高評価が与えられ、「1-1としたゴール、(オフサイドで)取り消されたゴールは素晴らしかった。動いたり止まったりという動きだったが、他の消えていた選手よりは優れていた」と寸評している。

 インテルのチーム最低点はDFフアン・ジェズスとMFマテオ・コヴァチッチにつけられた「5」。キエーヴォの最高点は「6.5」が与えられた、先制点を決めたFWアルベルト・パロスキとなった。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る