FOLLOW US

契約延長か、今夏退団か…去就不透明のキミッヒ、鍵を握るのはバイエルンの新監督?

2024.03.13

現行契約は2025年6月末までとなっているキミッヒ [写真]=Getty Images

 バイエルンに所属するドイツ代表MFジョシュア・キミッヒの去就は依然として不透明なようだ。12日、ドイツ紙『ビルト』が伝えている。

 現在29歳のキミッヒは優れた配球力と卓越した戦術眼を兼ね備えたボランチ。シュトゥットガルトの下部組織出身で、2013年に入団したライプツィヒでプロデビューを飾った。2015年にバイエルンへ完全移籍で加入すると、程なくして主力に定着し、ここまで公式戦通算377試合の出場で41ゴール101アシストをマーク。中盤の主軸として数多くのタイトル獲得に貢献している。

 バイエルンの“心臓”として長きに渡りチームを支えているキミッヒだが、かつて指導を受けたジョゼップ・グアルディオラ監督率いるマンチェスター・シティを筆頭に、バルセロナ、パリ・サンジェルマン(PSG)ら国外メガクラブからの関心が明らかに。現行契約が2025年6月末までとなっていることや、トーマス・トゥヘル監督との関係悪化が噂されていることもあり、一部では今シーズン終了後の退団の可能性が報じられている。

 この度『ビルト』が報じたところによれば、キミッヒとバイエルンとの間に今夏の確定事項はなく、その去就は依然として不透明とのこと。残り1年余りとなっている現行契約を延長し、慣れ親しんだクラブに留まる可能性もあれば、今夏に新天地を求める可能性も現時点では否定できないという。その上で、トゥヘル監督の後任として今シーズン終了後に就任する新指揮官、およびその人物が掲げるプロジェクトが同選手の去就に大きな影響を与えるだろうと指摘している。

 なお、バイエルンは2025年夏にキミッヒがフリートランスファーで退団するというシナリオは何としても避けたい模様。新たにクラブのスポーツ部門の取締役に就任したマックス・エベール氏は近日中に同選手との具体的な話し合いを開始するものと見られている。

ジョシュア・キミッヒの関連記事

【PR】欧州の強豪が来日!
EUROJAPAN CUP 2024チケット販売中!!

7月24日、EUROJAPAN CUP 2024でセレッソ大阪とボルシア・ドルトムントが対戦する。ボルシア・ドルトムントは7年ぶり4回目の来日だが、関西で試合を行うのは今回が初めてだ。また、迎え撃つセレッソ大阪には、かつてボルシア・ドルトムントでプレーした香川真司が在籍中。今夏注目の“夢の邂逅”を見逃すな!

  1. 今夏のアジアツアーにおいてボルシア・ドルトムントが日本で行う試合はこの1戦のみ
  2. お求めやすい価格設定! (例:カテゴリー5自由席 大人6900円・小中2500円)
  3. かつてボルシア・ドルトムントで活躍した香川真司が“古巣戦“に挑む!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKINGジョシュア・キミッヒのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO