FOLLOW US

長谷部誠がブンデスリーガ・レジェンドの仲間入り…奥寺康彦氏に続き2人目の日本人

長谷部誠がブンデスリーガ・レジェンドの一員に [写真]=Getty Images

 ドイツサッカーリーグ機構(DFL)は18日、フランクフルトに所属するMF長谷部誠ら6名と『ブンデスリーガ・レジェンド・ネットワーク』の契約を結んだことを発表した。

 ブンデスリーガの国際化戦略である『ブンデスリーガ・レジェンド』は2017年に発足。同リーグで活躍した選手たちがアンバサダーを務め、世界各地のイベントでファンとの交流を行なっている。2017年にはケルンやブレーメンなどでプレーした元日本代表MF奥寺康彦氏ら9名、2018年には元ナイジェリア代表MFジェイ・ジェイ・オコチャ氏が選ばれていた。

 今回は長谷部のほか、元ドイツ代表DFフィリップ・ラーム氏、同FWユルゲン・クリンスマン氏、元ペルー代表FWクラウディオ・ピサーロ氏、元ブラジル代表MFゼ・ロベルト氏、元中国代表FWヤン・チェン氏も『ブンデスリーガ・レジェンド』の契約を結んでいる。

 現在37歳の長谷部は、2008年1月に浦和レッズからヴォルフスブルクに加入し、2008-09シーズンにブンデスリーガを制覇。ニュルンベルクを経て、2014年夏からフランクフルトでプレーしており、2017-18シーズンにはDFBポカールを制した。ブンデスリーガ通算341試合出場は、アジア人選手で歴代最多の数字となっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO