FOLLOW US

遠藤、鎌田、長谷部らが開幕スタメン…王者バイエルンはドロー発進/ブンデス第1節

2021-22シーズンのブンデスリーガ第1節が行われた [写真]=Getty Images

 ブンデスリーガ第1節が13日から15日にかけて各地で行われた。

 前人未到の10連覇を目指す王者バイエルンは、13日に行われたオープニングマッチでボルシアMGと対戦。10分にアラサヌ・プレアに先制点を許したものの、42分にロベルト・レヴァンドフスキが同点弾を挙げ、1-1の引き分けに終わった。

 ドルトムントはMF長谷部誠とMF鎌田大地が先発出場したフランクフルトと対戦。アーリング・ハーランドが2ゴール3アシストを記録する活躍を見せ、ドルトムントが5-2で勝利を収めた。鎌田は45分まで、長谷部は69分までプレーした。

 MF遠藤航とDF伊藤洋輝が所属するシュトゥットガルトはホームに昇格組のグロイター・フュルトを迎え、遠藤が先制点を記録するなど、5-1で勝利した。今季からキャプテンに就任した遠藤はフル出場。伊藤はベンチスタートとなったが、ブンデスリーガデビューはお預けとなった。

 MF原口元気とMF遠藤渓太が所属するウニオン・ベルリンは、ホームでレヴァークーゼンと対戦し、1-1のドロー。原口は先発出場し、81分までプレーしたが、遠藤はメンバー外となった。FW浅野拓磨が所属するボーフムはヴォルフスブルクとアウェイで対戦し、0-1で敗れた。今夏ボーフムに加入した浅野は先発出場し、前半のみプレーした。

 MF奥川雅也が所属するビーレフェルトはフライブルクと対戦し、0-0のドローに終わった。先発出場した奥川は67分までプレーした。また、マインツはライプツィヒに1-0で勝利。マインツでは5月にU-23チームに加入した21歳のFW水多海斗がブンデスリーガ初のベンチ入りを果たしたが、出番はなかった。

 ブンデスリーガ第1節の結果は以下のとおり。第2節は20日から22日にかけて行われる。

■第1節結果
▼13日
ボルシアMG 1-1 バイエルン

▼14日
ヴォルフスブルク 1-0 ボーフム
ウニオン・ベルリン 1-1 レヴァークーゼン
シュトゥットガルト 5-1 グロイター・フュルト
アウクスブルク 0-4 ホッフェンハイム
ビーレフェルト 0-0 フライブルク
ドルトムント 5-2 フランクフルト

▼15日
マインツ 1-0 ライプツィヒ
ケルン 3-1 ヘルタ・ベルリン

■順位表
1位 シュトゥットガルト(勝ち点3)
2位 ホッフェンハイム(勝ち点3)
3位 ドルトムント(勝ち点3)
4位 ケルン(勝ち点3)
5位 マインツ(勝ち点3)
5位 ヴォルフスブルク(勝ち点3)
7位 ウニオン・ベルリン(勝ち点1)
7位 レヴァークーゼン(勝ち点1)
7位 ボルシアMG(勝ち点1)
7位 バイエルン(勝ち点1)
7位 ビーレフェルト(勝ち点1)
7位 フライブルク(勝ち点1)
13位 ライプツィヒ(勝ち点0)
13位 ボーフム(勝ち点0)
15位 ヘルタ・ベルリン(勝ち点0)
16位 フランクフルト(勝ち点0)
17位 グロイター・フュルト(勝ち点0)
18位 アウクスブルク(勝ち点0)

■第2節の対戦カード
▼20日
ライプツィヒ vs シュトゥットガルト

▼21日
フランクフルト vs アウクスブルク
フライブルク vs ドルトムント
ヘルタ・ベルリン vs ヴォルフスブルク
ボーフム vs マインツ
グロイター・フュルト vs ビーレフェルト
レヴァークーゼン vs ボルシアMG

▼22日
ホッフェンハイム vs ウニオン・ベルリン
バイエルン vs ケルン

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO