FOLLOW US

首位バイエルン、最下位シャルケに4発快勝で3連勝!…キミッヒが3アシストの大活躍

シャルケとバイエルンが対戦した [写真]=Getty Images

 ブンデスリーガ第18節が24日に行われ、最下位シャルケと首位バイエルンが対戦した。

 両者は第1節でも対戦し、その時はバイエルンが8-0で大勝。浮上のキッカケを掴むためにも雪辱を果たしたいシャルケは11分、バスティアン・オツィプカのクロスにマルク・ウートが頭で合わせたが、クラブOBの相手GKマヌエル・ノイアーに阻まれた。

 対するバイエルンは24分、フリーキックからロベルト・レヴァンドフスキが狙ったが、相手GKラルフ・フェアマンの好セーブに阻まれる。こぼれ球にはセルジュ・ニャブリが反応したが、これもフェアマンに防がれた。

 前半は両チームにチャンスが生まれる拮抗した展開となったが、バイエルンが先に試合を動かす。33分、ジョシュア・キミッヒがアーリークロスを送ると、トーマス・ミュラーが頭で押し込んだ。試合はバイエルンの1点リードで折り返した。

 すると54分、バイエルンがリードを広げる。キミッヒが相手DFの背後にロングフィードを通すと、反応したロベルト・レヴァンドフスキはつま先でボールをコントロール。寄せてきた相手も弾き返し、最後は相手DFの股の間を通してネットを揺らした。レヴァンドフスキはブンデスリーガ史上初めて、リーグのアウェイ戦で8試合連続ゴールを達成した選手となった。

 バイエルンは88分、右サイドの深い位置でフリーキックを獲得。キッカーのキミッヒが入れたボールにミュラーが頭で合わせて点差を広げる。さらに90分、ダヴィド・アラバがGKの前で急激に変化するミドルシュートを決めて、バイエルンがダメ押しの4点目を獲得した。

 試合はこのまま終了し、シャルケは3連敗で今季13敗目。一方のバイエルンは3連勝で勝ち点を「42」に伸ばし、今節敗れた2位ライプツィヒとの勝ち点差を「7」に広げた。また、ノイアーはブンデスリーガで通算197回目のクリーンシートを達成し、クラブOBのオリヴァー・カーン氏を抜いてリーグの歴代単独トップに立った。

 次節、シャルケは30日にFW大迫勇也が所属するブレーメンとアウェイで、バイエルンは同日にホッフェンハイムとホームで対戦する。

【スコア】
シャルケ 0-4 バイエルン

【得点者】
0-1 33分 トーマス・ミュラー(バイエルン)
0-2 54分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
0-3 88分 トーマス・ミュラー(バイエルン)
0-4 90分 ダヴィド・アラバ(バイエルン)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO