FOLLOW US

レヴァークーゼン、17歳ヴィルツの決勝ゴールでドルトムントとの上位決戦を制す!

レヴァークーゼンがドルトムントを下した [写真]=Getty Images

 19日にブンデスリーガ第17節が行われ、レヴァークーゼンとドルトムントが対戦した。

 第16節を終えた時点で、同じ勝ち点29でバイエルンとライプツィヒを追いかける両チーム。優勝争いに絡むためには、絶対に負けられない上位同士の直接対決となった。

 まず先制したのはホームのレヴァークーゼン。ハーフウェーライン付近からレオン・ベイリーが左足でDFラインの裏へボールを送ると、抜け出したムサ・ディアビはトラップから落ち着いて左足で一対一を制し、ゴールネットを揺らした。

 その後は追いつきたいドルトムントが攻撃に転じるも、ファイナルサードでのクオリティーを欠いて決定機までには至らず。逆にレヴァークーゼンは、ディアビが抜群のスピードを生かした突破でチャンスを作り、徐々に試合の主導権を握っていく。だが前半は両者にゴールは生まれず、スコアは1-0のまま後半へと突入する。

 前半は苦しんだドルトムントだが、後半に入ると次第にペースを掴み始める。67分に敵陣深くでボールを奪うと、ラファエル・ゲレイロの落としがユリアン・ブラントへ。そのブラントがエリア外から右足を振り抜くと、外か巻いたボールはGKの手を弾いてゴールとなった。ブラントの古巣相手のゴールでドルトムントは同点に追いつく。

 続く68分には、ドルトムントに逆転のチャンスが。抜け出したジュード・ベリンガムがゴール前で折り返すと、GKのいないゴールにブラントが押し込もうとする。だがこれはレヴァークーゼン守備陣のブロックにあい得点とはならない。

 そして80分ついに勝ち越し弾が生まれる。カウンターからディアビが味方との連携で抜け出すと、そのままDFを引き付けて中央でフリーとなったフロリアン・ヴィルツへ。これを17歳のヴィルツが冷静に右足で決め、ピンチをしのいだレヴァークーゼンが2-1と再びリードを奪った。

 試合はこのまま終了。上位対決をモノにしたレヴァークーゼンは、勝ち点を32にまで伸ばした。一方のドルトムントは勝ち点29にとどまり、今節のうちに4位から転落する可能性が出てきている。

 次節、レヴァークーゼンは23日にヴォルフスブルクと、ドルトムントは22日にボルシアMGと対戦する。

【スコア】
レヴァークーゼン 2-1 ドルトムント

【得点者】
1-0 14分 ムサ・ディアビ(レヴァークーゼン)
1-1 67分 ユリアン・ブラント(ドルトムント)
2-1 80分 フロリアン・ヴィルツ(レヴァークーゼン)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO