FOLLOW US

好調ウニオンがブレーメン撃破…先発の大迫はHT交代、遠藤渓太に出番なし

ブレーメンとウニオン・ベルリンが対戦した [写真]=Getty Images

 ブンデスリーガ第14節が2日に行われ、FW大迫勇也が所属する13位ブレーメンとMF遠藤渓太が所属する6位ウニオン・ベルリンが対戦した。

 大迫は3試合連続のスタメン出場となったが、ハーフタイムまでのプレーにとどまった。遠藤はリーグ戦5試合連続のベンチスタートとなり、2試合ぶりの出番なしとなった。

 試合は12分、アウェイのウニオン・ベルリンが先制に成功する。味方からの鋭い縦パスを受けたタイウォ・アウォニがエリアの外でタメを作り、右から中央に流れたシェラルド・ベッカーへラストパス。ベッカーは左足を振り抜いてゴール右下隅に突き刺した。

 ウニオン・ベルリンは28分に追加点を獲得する。相手のクリアを高い位置でカットすると、セカンドボールに反応したアウォニはアウトサイドキックでフィニッシュ。ミートには失敗したが、結果的に相手GKのタイミングを外すことになり、ボールは緩やかにゴールへと吸い込まれた。

 試合はこのまま終了し、ブレーメンは2試合ぶりの黒星で今季6敗目を喫した。ウニオン・ベルリンは2連勝で今季6勝目となり、勝ち点を「24」に伸ばした。次節、ブレーメンは9日にアウェイでレヴァークーゼンと、ウニオン・ベルリンは同日にホームでヴォルフスブルクと対戦する。

【スコア】
ブレーメン 0-2 ウニオン・ベルリン

【得点者】
0-1 12分 シェラルド・ベッカー(ウニオン・ベルリン)
0-2 28分 タイウォ・アウォニ(ウニオン・ベルリン)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO