FOLLOW US

ウニオン、ムココ初得点のドルトムント下し暫定5位浮上…遠藤渓太は途中出場

ウニオン・ベルリンとドルトムントが対戦した [写真]=Getty Images

 ブンデスリーガ第13節が18日に行われ、MF遠藤渓太が所属するウニオン・ベルリンドルトムントが対戦した。遠藤は4試合連続のベンチ入りを果たし、66分から出場した。

 前節のブレーメン戦に勝利した4位ドルトムントと4試合白星のない6位ウニオン・ベルリンの一戦。ドルトムントはエディン・テルジッチ監督の就任2試合目となり、アーリング・ハーランドを負傷で欠くチームの1トップにはユスファ・ムココが入った。

 ウニオン・ベルリンは17分、敵陣の左サイドでボールを奪い、カウンターを仕掛ける。ゴール前でフリーとなったタイウォ・アウォニイにボールが渡ると、シュートはGKにセーブされた。こぼれ球にセドリック・トイヒャートが詰めるが、ボールは枠を超えた。

 ドルトムントは前半アディショナルタイム1分、ペナルティエリア内でスルーパスを受けたムココが右足を振り抜くと、ボールはゴール右ポストを直撃した。無得点で後半へ折り返したウニオン・ベルリンは57分、先制に成功する。右サイドのCKからマークを外したタイウォ・アウォニイがヘディングで押し込み、ネットを揺らした。

 ドルトムントは60分、試合を振り出しに戻す。ラファエル・ゲレイロからのスルーパスをペナルティエリア内左で受けたムココが左足で強烈なシュートをゴール左に突き刺した。ウニオン・ベルリンは78分、またも右サイドのCKから今度はマーヴィン・フリードリヒがヘディングで合わせ、勝ち越しに成功した。

 試合はこのまま終了。セットプレーから2得点を奪ったウニオン・ベルリンドルトムントに勝利した。ドルトムントはユスファ・ムココがブンデスリーガ最年少得点記録を決めるも、テルジッチ監督のもと2戦目で初の敗戦となった。ウニオン・ベルリンは暫定順位を5位に上げ、ドルトムントは4位のままとなっている。

 次節、ウニオン・ベルリンは1月2日にアウェイでブレーメンと、ドルトムントは3日にホームでヴォルフスブルクと対戦する。

【スコア】
ウニオン・ベルリン 2-1 ドルトムント

【得点者】
1-0 57分 タイウォ・アウォニイウニオン・ベルリン
1-1 60分 ユスファ・ムココ(ドルトムント
2-1 78分 マーヴィン・フリードリヒウニオン・ベルリン

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO