FOLLOW US

デュッセルドルフ、19歳MFアペルカンプ真大と2024年まで契約延長を発表

デュッセルドルフがアぺルカンプ真大との契約延長を発表した [写真]=Getty Images

 デュッセルドルフは21日、MFアペルカンプ真大と2024年までの契約を結んだことを発表した。クラブ公式サイトが伝えている。

 ドイツ人の父親と日本人の母親を持つ、現在19歳のアペルカンプ真大は、2015年にデュッセルドルフのU-16チームに加入。年代別の日本代表にも名を連ねる同選手はU-19、U-23でキャプテンを務め、昨年にはプロ契約を結んでいた。

 スポーツ責任者を務めるウヴェ・クライン氏は「シンタ・アペルカンプは、私たちの育成機関で大きく成長した。彼は非常に意欲的で、学びつづけ、大きな可能性を秘めている。彼がこれだけの努力を続けていれば、ボールやパスの技術、中盤からの得点力が注目集めるだろう」とクラブ公式サイトに語った。

 また、アペルカンプ真大は契約延長に際し次のようにコメントしている。

「自分への自信を感じられ、とても誇りに思う。クラブには多くの恩があり、今後恩返しをしていきたい。そのためにも、日々のトレーニングで全量を尽くし、これからも成長したい」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA