FOLLOW US

バイエルン、ブレーメンに6発大逆転で連敗脱出! 大迫は67分まで出場

バイエルンはブレーメン相手に6得点を挙げ快勝を収めた [写真]=Getty Images

 ブンデスリーガ第15節が14日に行われ、FW大迫勇也が所属するブレーメンはリーグ戦2連敗中の王者バイエルンと対戦した。なお、大迫は先発出場し、67分に途中交代している。

 序盤からバイエルンブレーメンのゴールを度々脅かすがGKジリ・パブレンカを中心にゴールを割らせない。するとブレーメンが均衡を破る。24分にミトロ・ラシカがドリブルで駆け上りミドルシュートを放つと、ボールはゴールへと吸い込まれ先制点を挙げた。

 それでもバイエルンは45分、セルジュ・ニャブリの浮き球のクロスにフィリペ・コウチーニョが押し込んで同点弾。前半終了前になんとかスコアを振り出しに戻した。さらにそのまま試合を折り返すかと思われた45+4分、ロベルト・レヴァンドフスキが2点目を決めて逆転に成功した。

 逆転して1点リードで後半を迎えたバイエルンは63分、コウチーニョが本日2ゴール目となる3点目を挙げた。さらに72分にもレヴァンドフスキが1点を加えて3点差に突き放した。続く75分、78分にもトーマス・ミュラーとフィリペ・コウチーニョがそれぞれ得点して瞬く間に勝負を決定づけた。試合はそのまま終了し6-1でバイエルンが逆転勝利を収めた。

【スコア】
バイエルン 6-1 ブレーメン

【得点者】
0-1 24分 ミトロ・ラシカ(ブレーメン
1-1 45分 フィリペ・コウチーニョ(バイエルン
2-1 45+4分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン
3-1 63分 フィリペ・コウチーニョ(バイエルン
4-1 72分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン
5-1 75分 トーマス・ミュラー(バイエルン
6-1 78分 フィリペ・コウチーニョ(バイエルン

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA