FOLLOW US

「オファーが来ない」…酒井高徳のHSV、選手の放出も決まらず強化方針変更へ

ハンブルガーSVはいきなりチームの強化方針を変更せざるを得なくなった [写真]=Getty Images

 酒井高徳と伊藤達哉が所属するハンブルガーSV(HSV)は1部昇格を逃した上に、前途多難な再スタートが待っているようだ。6月7日付のドイツ紙『ビルト』が報じている。

 前スポーツディレクターのラルフ・ベッカー氏は、チーム内で給与が高く、比較的高額な移籍金を見込める選手たちを放出することで、強化費を捻出しようとしていた。だが、この計画はすでに暗礁に乗り上げてしまった。

 オファーがない。この事実に直面した新ディレクターのヨナス・ボルト氏は、強化路線を変更。「このチャレンジに取り組みたいものは、新しいチャンスを与えられる」と話し、6月17日からの始動はゼロからのスタートとなることを示唆した。

 同紙は、移籍リストに挙がっていた酒井高徳にも言及。

「この日本人選手には、2020年までHSVとの契約が残っている。だが、昨季の最後には、HSVのファンたちからブーイングの口笛が吹かれた。このクラブで再スタートを切ることに意味はあるのか?」と双方にメリットがあるのか、疑問符を付けた。

 ブンデスリーガ2部の新シーズンは7月26日に開幕するものの、移籍市場は9月2日まで開いている。酒井高徳をはじめとする有力選手たちの来季の見通しも、しばらくは不安定なものになりそうだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA