2018.11.11

“デア・クラシカー”はドルトムントに軍配! バイエルンに逆転勝利

マルコ・ロイス
2得点でドルトムントの勝利を手繰り寄せたロイス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 10日、ドイツ・ブンデスリーガ第11節でドルトムントバイエルンによる“デア・クラシカー”が行われた。

 今シーズン、リーグで7年ぶりとなる連敗を喫するなど不調が垣間見えるバイエルンと、公式戦15試合無敗を記録するなど好調ドルトムントが、ドルトムントの本拠地ジグナル・イドゥナ・パルクで相まみえた。

 試合はポゼッションのバイエルンと、ショートカウンターのドルトムントという対立的な入り方で進むと、試合を動かしたのはアウェイのバイエルンだった。26分、右サイドからのクロスに反応したはエースのロベルト・レヴァンドフスキ。中央でフリーになると、頭で合わせバイエルンに先制点をもたらした。

絶好調レヴァンドフスキ [写真]=Getty Images

 その後も素早い攻守の切り替えと安定したボールポゼッションでバイエルンが主導権を握り、1-0で試合を折り返す。ドルトムントは後半開始時にユリアン・ヴァイグルを下げ、マハムド・ダフードを投入した。

 すると後半開始わずか3分、サンチョのスルーパスに抜け出したロイスがマヌエル・ノイアーに倒されPKを獲得。これを倒されたロイス自らゴール右へと冷静に沈め、ドルトムントが同点に追いついた。

 しかし52分、バイエルンがあっさりと勝ち越す。再び右サイドを崩すと最後はまたもレヴァンドフスキ。キミッヒのチップキックのクロスに最後はエースが頭で押し込みバイエルンが2-1とした。

 再び1点ビハインドとなったドルトムント。しかし、ロイスが黙っていなかった。67分、右サイドからの低いクロスにロイスがゴール前でダイレクトで合わせ、ドルトムントが再び試合を振り出しに戻した。

 追いついたドルトムントは波に乗ると73分、自陣でジェイドン・サンチョがボールを奪うと、ショートカウンターでパコ・アルカセルが抜け出し、ノイアーとの1対1を冷静に沈めゴール。ドルトムントがあっという間に逆転に成功した。

逆転弾を決めた今季好調のパコ・アルカセル [写真]=Getty Images

 追いつきたいバイエルンは選手交代で変化をつけるがゴールは遠く。ドルトムントが逃げ切り、重要な一戦で逆転勝利を果たした。

勝利の喜びをサポーターと分かち合うドルトムント [写真]=Getty Images

 これでドルトムントは勝点を27に伸ばし、首位の座を堅持。バイエルンとの勝ち点差を「7」に広げた。なお、MF香川真司は今節ベンチ外となっている。

【スコア】
ドルトムント 3-2 バイエルン

■得点者
0-1 26分 レヴァンドフスキ(バイエルン
1-1 48分 ロイス(ドルトムント
1-2 52分 レヴァンドフスキ(バイエルン
2-2 67分 ロイス(ドルトムント
3-2 73分 パコ・アルカセル(ドルトムント

【スターティングメンバー】
ドルトムント(4-2-3-1)
ヒッツ;ピシュチェク、ザガドゥ、アカンジ、ハキミ;ヴィツェル、ヴァイグル(46分 ダフート);サンチョ、ロイス、ラーセン(82分 デラネイ);ゲッツェ(59分 P・アルカセル)

バイエルン(4-5-1)
ノイアー;キミッヒ、ボアテング、フンメルス(65分 ズーレ)、アラバ;マルティネス、ゴレツカ、ニャブリ(74分 R・サンチェス)、ミュラー(82分 ヴァーグナー)、リベリー;レヴァンドフスキ

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
レスター
11pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
13pt
バイエルン
11pt
フライブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
グラナダ
10pt
セビージャ
10pt
レアル・ソシエダ
10pt
欧州順位をもっと見る
インテル
12pt
ユヴェントス
10pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング