FOLLOW US

大迫勇也は3戦連続スタメン出場も不発…ブレーメンが今季初の完封勝利

ヴォルフスブルク戦に先発出場した大迫勇也 [写真]=picture alliance via Getty Images

 ブンデスリーガ第7節が5日に行われ、日本代表FW大迫勇也が所属するブレーメンはホームでヴォルフスブルクに2-0で勝利した。大迫は3試合連続の先発出場で83分までプレーした。

 ブレーメンは35分にクロスのこぼれ球をデイヴィ・クラーセンが押し込み先制。さらに83分に大迫と代わって入ったヨハネス・エッゲシュタインが出場3分後に追加点を挙げ、今シーズン初の完封勝利を収めた。ブレーメンは2試合ぶりの勝利で4勝2分1敗。ヴォルフスブルクは5試合未勝利で、2勝3分2敗戦となった。

 次節、ブレーメンは20日にアウェイでシャルケと、ヴォルフスブルクはホームでバイエルンと対戦する。

【スコア】
ブレーメン 2-0 ヴォルフスブルク

【得点者】
1-0 35分 デイヴィ・クラーセン(ブレーメン
2-0 86分 ヨハネス・エッゲシュタイン(ブレーメン

【スターティングメンバー】
ブレーメン(4ー3ー3)
パブレンカ;ゲブレ・セラシェ、ラングカンプ、モイサンデル、アウグスティンソン;M・エッゲシュタイン、バルクフレーデ、クラーセン(89分 ムーヴァルト);大迫(83分 J・エッゲシュタイン)、クルーゼ、カインツ(75分 ピサーロ)

ヴォルフスブルク(4-3-3)
カステールス;ウィリアム、クノッヘ、ブルックス、ルシヨン;マリ(59分 ギンチェク)、ティセラン(85分 レジベカイ)、アルノルト;シュテフェン(78分 ブワシュチコフスキ)、ウェクホルスト、ブレカロ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA