2018.07.26

17歳のカナダ代表MFがバイエルン加入決定! MLS史上最高額を記録か

アルフォンソ・デイヴィス
アルフォンソ・デイヴィスの契約はMLS史上最高額が記録されるようだ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バイエルンが、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のバンクーバー・ホワイトキャップスに所属する17歳のカナダ代表MFアルフォンソ・デイヴィスを獲得した。

 ホワイトキャップスは契約にかかった費用が最大1880万ポンド(約27億5000万円)に上ると明かしており、イギリスメディア『スカイスポーツ』によると、バイエルンは移籍金に1100万ポンド(約16億1000万円)を払ったという。これが事実だとすると、移籍金や年俸を含めたこの契約がMLS史上最高額のビッグディールになる可能性があるようだ。

 なお、2018年11月に18歳になるデイヴィスは、バイエルンと2019年1月から2023年6月までの契約を締結した。

「子供の頃からいつもこの瞬間を夢見ていた。そして夢が実現したよ。努力し、生き残り続け、ピッチでプレーしたいね。僕は14歳の時に“キャップ”(バンクーバー・ホワイトキャップス)に加入してから、何年もの間プロとして努力してきている」

 デイヴィスは1月にバイエルンに加入するため、それまではMLSの残りシーズンをバンクーバー・ホワイトキャップスでプレーする予定だ。

 『スカイスポーツ』によると、この移籍はカナダの国際的なスポーツ人材躍進の素晴らしい一歩になるという。デイヴィスは、2000年に両親が第二次リベリア内戦から逃げ出した後、ガーナの難民キャンプで誕生。そしてデイヴィスが5歳のとき、家族と共にカナダに難民として移住してきた。

2016年にはU-17カナダ年間最優秀選手賞を受賞しているアルフォンソ・デイヴィス [写真]=Getty Images

 その後デイヴィスはサッカーの才能をすぐに見出され、2015年に14歳という異例の若さで2011年に設立された新クラブ、バンクーバー・ホワイトキャップスに加入。そして2016年に15歳でMLSデビューを果たした。また、CONCACAFゴールドカップ(北中米カリブ海サッカー連盟が主催する、ナショナルチームによる大陸選手権大会)でカナダ代表デビューを飾ると、3得点をマーク。カナダ代表のトップスコアラーとなっていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
86pt
リヴァプール
85pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る