FOLLOW US

ポドルスキ、代表引退のエジルにメッセージ「世界王者は永遠のものだ」

かつてドイツ代表で共に戦ったエジル(右)とポドルスキ(左) [写真]=Bongarts/ Getty Images

 ヴィッセル神戸に所属する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが、同代表からの引退を発表したアーセナル所属のMFメスト・エジルに対してメッセージを送った。

 エジルは自身のトルコ系のルーツが批判されたことや、ドイツサッカー連盟(DFB)が自身に対して行ってきた扱いなどが原因で、22日にドイツ代表からの引退を表明していた。

 ポドルスキとエジルはかつてドイツ代表のチームメイトであり、2014年のブラジルW杯優勝など多くの栄光を勝ち取った。両者はアーセナルでも共にプレーした経験がある。そんなポドルスキは24日、自身の公式Twitterを更新。代表引退を決断したエジルに対し、以下のようにメッセージを送った。

「僕たちはあの大会と歴史的な夜を忘れることはないだろう。世界王者は永遠のものだ。僕たちは共に何度も勝利し、時には敗戦することもあった。けれども、それがフットボールだ。クラブと代表で君と共にプレーできたことは、僕にとって魔法のようだった」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA