2018.05.06

有言実行のマインツ武藤、移籍金は約26億円? 独紙が報道

武藤嘉紀
2015年からマインツに所属する武藤嘉紀 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ第33節で今季8点目を決め、マインツのブンデスリーガ残留に導いた武藤嘉紀。試合当日5月5日『ビルト』の朝刊によれば、武藤の移籍金は2000万ユーロ(約26億円)に設定されるようだ。

 スポーツ部門マネージャーのルーヴェン・シュレーダー氏は、「ヨシが彼の年齢で移籍を希望するのは理解できる。それを公にすることも問題ないよ」と武藤の希望に理解を示している。「我々が納得できるだけのオファーが来れば、確実に交渉の席に着くだろう」と今夏に動きがあることを示唆している。

 2015年に当時のマインツとしては破格の280万ユーロ(約3億7000万円)で獲得したストライカーをそう簡単に手放す気はないようだ。シュレーダー氏は「単純に、彼は我々と(2019年まで)契約を残しているからね」と記者陣に話したようだ。

 さらなるステップアップを望む選手、主力選手をできるだけ高値で放出したいクラブ、そして極力獲得コストを抑えたい獲得クラブの間の3者間の駆け引きが始まっている。チームを公言通り残留に導いた武藤にクラブはどれだけ歩み寄るのか、動向に注目が集まる。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る