2018.04.28

ブンデス2部の優勝争いが熱い!…宇佐美&原口の首位デュッセルドルフは逃げ切れるか

首位を走るデュッセルドルフ。原口や宇佐美の活躍も光る [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ2部の優勝争いが熱い。現在首位を走るのはFW宇佐美貴史とMF原口元気の日本代表コンビが所属するフォルトゥナ・デュッセルドルフ。2位にはニュルンベルクが勝ち点差「2」で迫っている。

 デュッセルドルフは第28節から痛恨の3連敗を喫していたが、22日の第31節でインゴルシュタットに3-0で快勝。4試合ぶりの白星で足踏み状態から抜け出し、首位に踏みとどまった。だが、残りの3試合は厳しい戦いが待っている。次節はディナモ・ドレスデンとのアウェイ戦、翌節はホームで3位のホルシュタイン・キールを迎え撃ち、最終節は敵地で2位のニュルンベルクと対戦する。特にラスト2試合が直接対決なだけに、最後まで負けられない戦いが続く。

 2位のニュルンベルクは23日の前節で3位キールとの直接対決を制し、5試合無敗で首位を追走。勝ち点差「2」で首位にプレッシャーを与えつつ、虎視眈々と逆転の機会を狙っている。最後の3試合は12位のブラウンシュヴァイク、8位のザントハウゼン、そして首位のデュッセルドルフと対戦する。ちなみに、前半戦ではこの3チーム相手に3連勝を飾っている。デュッセルドルフが逃げ切るか、それともニュルンベルクが3試合で逆転劇を演じるのか、注目だ。

 ニュルンベルクとの直接対決に敗れた3位のキールは、首位との勝ち点差が「7」に広がり、可能性は残っているものの、優勝争いから一歩後退。次節、デュッセルドルフが勝利すれば、その時点で優勝の可能性が消滅する。それでも、逆に4位ヤーン・レーゲンスブルク、5位アルミニア・ビーレフェルト、6位ボーフムが勝ち点「47」で並んでおり、勝ち点「49」のキールは昇降格プレーオフ圏内の3位より上をキープするため、気を緩められない状況だ。

 ブンデスリーガ1部は、バイエルンがすでに第29節の時点で史上初の6連覇を達成した。だが、2部では優勝と昇格をかけた熱い戦いが最後まで続きそうだ。

■上位3チームの残り3試合
▼フォルトゥナ・デュッセルドルフ(首位/勝ち点56/得失点差11)
4月28日 第32節(A) vsディナモ・ドレスデン(11位)
5月6日 第33節(H) vsホルシュタイン・キール(3位)
5月13日 第34節(A) vsニュルンベルク(2位)

▼ニュルンベルク(2位/勝ち点54/得失点差19)
4月30日 第32節(H) vsブラウンシュヴァイク(12位)
5月6日 第33節(A) vsザントハウゼン(8位)
5月13日 第34節(H) vsデュッセルドルフ(1位)

▼ホルシュタイン・キール(3位/勝ち点49/得失点差19)
4月29日 第32節(A) vsインゴルシュタット(7位)
5月6日 第33節(A) vsデュッセルドルフ(1位)
5月13日 第34節(H) vsブラウンシュヴァイク(12位)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
51pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
57pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る