2018.04.18

6発圧勝でドイツ杯決勝進出…バイエルン指揮官「サッカーの祭典」

バイエルン
DFBポカール決勝進出を決めたバイエルン [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 DFBポカール(ドイツ杯)準決勝が17日に行われ、レヴァークーゼンとバイエルン・ミュンヘンが対戦。バイエルンが6-2と圧勝し、2年ぶりの決勝進出を決めた。

 試合後、バイエルンのユップ・ハインケス監督が勝利を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 ハインケス監督は「大部分に渡って、サッカーの祭典だったと言えるだろう。我々は強い相手に対し、突出したパフォーマンスを見せた」と勝利を喜び、「試合を支配したのは我々だが、スヴェン・ウルライヒが幾度となく失点を防いだ局面が見られた。私にとって彼は卓越した選手だ」とウルライヒを称賛した。

「我々はこのうえなくやる気に満ちていて、試合に集中していた。(決勝開催地の)ベルリンへ乗り込むことを望み、ふさわしい結果を出したんだ。調子は上々だよ」

 バイエルンは開始9分で2点を先行すると、2-1で迎えた後半には大量4得点を記録。6-2と圧勝し、2年ぶりの決勝進出を決めた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る