FOLLOW US

ロイス、バチュアイのドルトムント残留を熱望「重要な存在だ」

同僚FWバチュアイを賞賛したロイス [写真]=TF-Images/Getty Images

 ドルトムントに所属するドイツ代表MFマルコ・ロイスが、チェルシーからレンタル移籍でチームに加入しているべルギー代表FWミシー・バチュアイの重要性について語り、今後もチームに残留することを熱望した。13日付のイギリスメディア『スカイスポーツ』が2選手のコメントを伝えている。

 バチュアイは今年1月にチェルシーからドルトムントへレンタル移籍で加入すると、ここまでのブンデスリーガで6試合出場5得点という好成績を残している。ロイスはまず、バチュアイの存在について以下のように語り、同選手を称賛した。

「もしミシーがチームに残ってくれるならとても幸せだよ。彼はチームにとって重要な存在であるということを、プレーで示している。チャンピオンズリーグの出場権を獲得して、シーズンを終えたいね」

 一方のバチュアイはドルトムントでのプレーに一定の満足感を示しつつも、自身の去就はクラブ間の判断に委ねているという。

「僕は今、ここでプレーできてすごく幸せだ。けれども、去就はドルトムントとチェルシーが決める問題だよ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO