2018.03.05

宇佐美が3戦連発、2試合連続1G1Aで勝利に貢献!原口も先発で4試合ぶりに復帰

宇佐美、原口
揃って先発出場した宇佐美(左)と原口(右)(写真は第19節エルツゲビルゲ・アウエ戦のもの) [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ2部第25節が4日に行われ、FW宇佐美貴史とMF原口元気が所属するデュッセルドルフは、ホームでFW宮市亮が所属するザンクトパウリと対戦した。

 前節1ゴール1アシストの活躍を見せた宇佐美はこの試合でも先発メンバーに名を連ね、2試合連続のスタメン出場を果たした。また、2月2日に行われた第21節のザントハウゼン戦で負った脳震盪の影響で欠場が続いていた原口もスタメンに復帰し、4試合ぶりとなる復帰を飾っている。宇佐美と原口が揃って先発出場するのはこの試合が初めてとなる。負傷離脱中の宮市はメンバー外となった。

 試合が動いたのは8分。右からのCKの場面でキッカーを任された宇佐美がクロスを上げると、フリーになったアンドレ・ホフマンが身体に当ててゴールに押し込み、デュッセルドルフが先制に成功する。

 2試合連続となるアシストを記録した宇佐美は、74分には前節と同じように自らゴールをこじ開けてみせる。右サイドからのパスをゴール正面で受けると、左足で力強いミドルシュートを放つ。地を這う一撃がGKを破ってゴール右隅に突き刺さり、3試合連続となる今シーズン5点目によってチームに貴重な追加点をもたらした。

 デュッセルドルフは後半アディショナルタイムに1点を返されたものの、リードを守りきって4試合ぶりの勝利を飾った。前回デュッセルドルフが勝利した試合以来となる復帰を果たした原口は61分まで、2試合連続となる1ゴール1アシストの活躍を見せた宇佐美は90分までプレーし、それぞれチームの白星に貢献している。

【スコア】
デュッセルドルフ 2-1 ザンクトパウリ

【得点者】
1-0 8分 アンドレ・ホフマン(デュッセルドルフ
2-0 74分 宇佐美貴史デュッセルドルフ
2-1 90+1分 アジズ・ブハドゥズ(ザンクトパウリ)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
89pt
リヴァプール
88pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る